• ホーム
  • 白髪に対する様々な間違った説

白髪に対する様々な間違った説

白髪に関する様々な俗説を、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
よく聞かれる俗説として「白髪は抜くと増える」というものが挙げられます。
1本2本白い髪を見つけた場合、抜いて対処するという方も多いようです。
ですが抜いた事によって、本当に白髪が増えてしまうとなると他の対処法を探さなければいけません。

結論から言うと抜いても増えるという事はないようです。
白髪はメラニン色素という黒い色素が、作られなくなる事で起こります。
毛根部分にあるメラノサイトという細胞で作られるメラニン色素によって、髪の黒さはキープされています。
ただ加齢や自律神経の乱れなど様々な要因によって、メラノサイトの働きが低下してしまうと十分なメラニン色素が作られず、結果髪が白くなるという仕組みです。

白くなった髪を抜いたからといって、その部分のメラノサイトの働きが悪くなったり、減少するという事はありません。
ですので、抜くと一気に白髪が増えるという事はないようです。
ただし、髪を抜くという行為は毛根や頭皮にダメージを与えてしまいます。
あまり髪を抜きすぎると、薄毛や抜け毛の原因にもなるので注意しましょう。

また、白髪が多い人はハゲないという俗説を聞いた事がある方も、多いのではないでしょうか。
薄毛となってしまう原因も様々ですが、頭皮の環境が悪化すると抜け毛は増えやすいようです。
薄毛は頭皮トラブルが引き金となり髪が育たない事で起こりますが、白髪の場合はメラノサイトの減少で起こります。
頭皮トラブルとメラニン色素が作られないことは無関係で、薄毛と白髪は起こる原因が全く違います。
ただし、場合によっては髪が白くなった人も、薄毛に悩む事はあるでしょう。

俗説として広まっている説も、化学的根拠が全くないケースがほとんどです。
髪は目につきやすいのでトラブルが起こるのは恐怖に感じてしまうかもしれません。
ですが白髪の場合は白髪染めを活用するといった対処法もあります。
自分に合った対策法で髪の若々しさをキープしましょう。

白髪の対処法

年齢と共に髪の毛も老化して白髪となってゆきます。
白髪の原因はメラノサイトが減少することで起こるのですが、どうして減少するかというと年齢と共に髪にまで栄養素が届きにくくなり黒く見えるメラニン色素が作れなくなるのです。
栄養が他の部分で使われてしまい、髪に栄養がいくのはほぼ最後と言われています。
ですので白髪の対処法としては地肌のケアも大切ですし、ふだんの生活も大切となります。

白髪を抜くとその分白髪が増えるという俗説もありますが、それは間違いです。
ですが無理に抜く事で地肌を傷め頭皮に良くない事は確かです。
頭皮が乾燥していたり、ダメージを受けていると健康な髪の毛を育てる事が困難となります。
ですから、抜く事はしないで気になるようなら白髪染めをする方が地肌にとっても良いでしょう。

また、髪の毛を抜いていると薄毛や切れ毛、キューティクルもはがれやすくなります。
それほど地肌の健康と髪の毛の健康は関係性があるのです。
産後はホルモンバランスの崩れから、抜け毛や白髪が一時的に増えますがホルモンバランスが整えばもとに戻るので恐怖心はいりません。

白髪もストレスによっても増える原因となります。
前髪付近に多いのは年齢による加齢によるものですが、後ろ部分にあるのはストレス性によるものもあるので一時的で消える場合もあるのです。
どちらにしろ、しっかりとした睡眠をとって、食事面からもバランスの良い栄養をたくさん摂取していれば髪の毛にまで栄養素が届いてくれるでしょう。

地肌もマッサージを行い血行を良くすると、髪にまで栄養が届きやすい環境となります。
地肌が健康であると白髪だけでなく抜け毛や薄毛にもなりにくくハゲない効果もあります。
白髪多い人はハゲないという俗説も本当ではないので、しっかりと頭皮ケアと毎日の生活を規則正しく送る事が重要です。