• ホーム
  • 薄毛のための正しいヘアケアの方法

薄毛のための正しいヘアケアの方法

薄毛は誰にでも発生する可能性があるからこそ、若いうちから薄毛対策をしておく必要があります。
正しいヘアケア方法の基本は頭皮に刺激を与えず、皮脂や汚れはしっかりと落としていくことです。
頭皮に合ったシャンプーで洗髪をし、それからリンスでうるおいを与えていきましょう。
頭皮によいヘアケア用品は間違いなく髪にもよいので、頭皮状態の変化には敏感になってください。

朝シャンという習慣はあまり好ましくなく、基本的に洗髪は就寝前に1回行えば問題ありません。
1日の汚れを落とすタイミングとして最適なのは就寝前であり、例えば夜の10時に就寝をするなら8~9時ごろにシャンプーとリンスをしましょう。
就寝中は毛母細胞が最も成長しやすいので、毛穴の汚れはしっかりと除去してから眠ってください。
頭皮には皮脂がある程度必要ですが、汚れた皮脂は不要なので完全に除去して問題ありません。

日頃からダメージケアをしておくことが薄毛対策になるので、常に頭皮を保湿させてください。
頭皮が乾燥していると、抜け毛が増えたりかゆみが発生したりする可能性大です。
頭皮がオイリーの状態も毛根への栄養供給を悪化させるので、洗髪してもすぐにギトギトするなら注意が必要です。
皮脂量を正常にするためには、生活習慣から見直す日常ケアを実践しましょう。
脂肪分を取り過ぎないこと、寝不足やストレスに注意することなども大切です。

薄毛の前兆に気づくためには、ブラッシングをするときに敏感になってください。
髪の毛が以前より引っかかりやすくなった、ブラッシングをすると髪が大量に抜ける、ヘアスタイルを整えるのに時間がかかるなどの状態は問題があります。
シャンプー後に大量の抜け毛がある場合も薄毛の前兆なので注意です。
髪は急激に薄くなることはめずらしく、少しずつ進行していくのでわかりにくいかもしれません。
子供のころから正しいヘアケアをしておくことが、将来のボリューム維持につながります。

親なら子供のヘアケア方法も知っておこう

子供がヘアケアを行うときは自分流で、頭皮や髪のことは考えていないはずです。
間違ったケアをすることで、将来の薄毛を引き起こしてしまうケースは少なくありません。
よくあるのは爪で掻くようにしながら洗髪することで、頭皮を傷つけてしまっている可能性があります。
子供に正しいヘアケアを教えるのは親の役目ですので、間違っていると思ったら正してあげることが大切です。
例えば朝シャンは頭皮の皮脂を奪うことで、ダメージを与えてしまう可能性があります。

朝のシャンプーは気持ちが良いですが、洗髪回数は基本的に1日1回で問題ありません。
何度も洗えばよいものではなく、就寝する1~2時間前に洗うのが好ましいです。
子供が日頃から1日2回の洗髪をしているなら、髪に刺激となる可能性があると伝えてあげましょう。
髪がパサついているなら油分が不足しているため、リンスを使用するように勧めるとよいです。
乾燥や紫外線からのダメージケアができるので、シャンプーと併用するのがおすすめです。

ブラッシングも日常ケアとして大切で、シャンプー前にブラッシングをすることで大まかに汚れを落とすことができます。
汚れを放置しておくと頭皮に付着して落ちにくくなりますし、シャンプーの洗浄力を落としてしまいます。
正しいヘアケアは大人でも実践できていないことが多いので、子供はもっとその可能性が高いと考えてよいでしょう。
間違ったケアをしてもすぐには影響は出ませんが、年月を重ねることによって少しずつ頭皮状態が悪化していくので、若いうちから正しいケアを身につけておくことが大切です。
子供は育毛剤を使用する必要はないので、親が正しい洗髪の仕方を教えてあげるだけで問題ありません。

サイト内検索
人気記事一覧